2008年03月24日

CBA LIVE!



CHARの歴史の中で、BIGなNEWSの中のひとつではないだろうか?

BB&Aのリズム隊との記念すべきライブ盤。
私、このライブ行きました。初の武道館でした。

いや、鳥肌物でした。

あの二人を見れただけでも感動物。席もよかったし。

でね、この音やっぱりCHARが素晴らしい。

言うことなし。あるうちにGETしてください。
ラベル:Char JEFF BECK BBA BB&A
posted by Smoky Kondo at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

STEVIE SALAS COLORCODE



スティービー・サラスのデビューアルバム。

90年代に登場したギターリストでは、トップを争うぐらい好きなギターリストである。

誰かのインタビューで名前を知り、探して買ったCD。

70年代ロックファンにはニヤリとする楽曲が勢ぞろい。

続きを読む
posted by Smoky Kondo at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

Geroge Martin「In My Life」


いわゆるビートルズトリビュート物はたくさんあるのだと思いますが、唯一持ってものです。

さすが、ジョージ・マーティン。完成度がメチャクチャ高い作品になりました。トータルのバランスが良い!

なかでも、やはり続きを読む
posted by Smoky Kondo at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

Robben Ford & the Blue Line


ギターやりはじめた、大学時代にある方(このある方をいつかばらします)のインタビューで、「最後に影響を受けたのはROBBEN FORDかな?」という言葉を聴き、CDショップへ走ったアルバム。

まず、1曲目に、打ちのめされた。ギターのフレージング、トーンはもう超一流です。コピーしかけましたが、当たり前のように断念。


で、最近、梶原順続きを読む
posted by Smoky Kondo at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

Steely Dan「Alive in America」[Live]


スティーリー・ダンは嫌いだった。JAZZ ROCKと言われていたので。

私は基本的にJAZZが苦手である。嫌いというわけではないが、聴いていて気持ちが上がらない。というかそういうJAZZに無知である。

で、なぜSteely Danが嫌いか?って、だって演奏するのは難しいんだもん。

話はさかのぼる。
かれこれ、7・8年前、バンドメンバーからPEGを演ろうと言われた。
はっきり言って嫌だった。しかし、お世話になっている人だし、大好きな人だったので、断れない。耳コピするのもめんどくさいので、バンドスコアを買った。当然、耳コピしないので覚えが悪い。

続きを読む
posted by Smoky Kondo at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。